ビタミンC誘導体にはどのような種類があるの?

ビタミンC誘導体にはどのような種類があるの?

ビタミンC誘導体にはどのような種類があるの?

美肌に欠かせないビタミンC。
スキンケアコスメの中には、ビタミンC誘導体を含んでいるものも多いです。

 

○プロビタミンC

 

ビタミンCの中で最も人気なのが、プロビタミンCです。
一部にはリン酸やアスコルビン酸というビタミンCの一部に、リン酸やイソパルミチン酸などをくっつけてできあがったものです。
お肌から吸収されると、「ホスファターゼ」という酵素によって、ビタミンCに変わります。
約24時間もの間効果が持続でき、吸収力を高めているのも特徴です。

 

○ビタミンCを肌から摂取するには

 

ビタミンC誘導体をお肌に直接塗ることによって、効率的にビタミンCが摂取できるでしょう。

 

ビタミンC誘導体の入ったコスメを使う時は、洗顔や入浴後より効果的です。
シワやシミができている場所にのみ塗る人も多いですが、顔全体に塗った方が効果的です。
塗った後にラップを10分程度貼り付けておけば、外部からの刺激を防いでくれるでしょう。
日々のスキンケアは大事ですが、あまりやり過ぎない方が、むしろお肌にとって健康的です。

 

寝る1〜2時間前に一日一回やっておく程度が望ましいです。
生理前でお肌やホルモンバランスが不安定な時期や、体調が優れない時は避けておいた方がいいです。
過剰にビタミンCをとっても、かえってそれが逆効果になってしまうこともあります。

 

○アスコルビン酸グルコシド

 

ビタミンCに糖をくっつけたものであり、最も安定しているため、長期間保存することができます。
一般的なコスメには、誘導体が結合されているものが多く、効果も長持ちします。

 

○テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

 

新しいビタミンC誘導体で、昔のものよりも吸収率が高くて数倍優れています。
脂溶性なので、他のビタミンC誘導体特有のドライな感じもなく使う事ができます。
この性質によって、ジェルやクリームに使われています。

 

これらの誘導体は化学的に開発されたものなので、健康に与える影響も懸念されていますので、気をつけましょう。

 

メイクの仕上げとして、フェースパウダーを使っている人も多いでしょう。
フェースパウダーには、様々な効能があります。
それでは、どのような役割がフェースパウダーにはあるのでしょうか?

 

○下地後のベースメイク

 

下地を塗った後、ファンデーションをつけた後にフェースパウダーを使うと、汗や皮脂を吸収してくれて、サラサラにしてくれます。
お肌の表面の凹凸もカバーして、滑らかな状態にしてくれるでしょう。
その後のファンデーションのノリも良くなりますし、発色も良くなります。

 

その後汗をかいてしまったとしても、ファンデーションの下にあるフェースパウダーが、汗や皮脂を吸い取ってくれるため、サラサラな状態にキープしてくれます。

 

メイクの崩れも気にならなくなるでしょう。チークの上からつければ、カラー調整にもなります。
フェースパウダーだけだと物足りないことがありますが、選ぶ商品によっては、パウダーファンデーションのように色がついていて、カバー力の高いものもあります。
油分の少ないパウダーなので、洗顔時もメイク落としを使わずに、洗顔料だけで落とすのもいいでしょう。
このようにすることで、メイク落としよるお肌の負担も減らすことができます。
様々なメリットがあるので、是非ご活用してみてください。
使い慣れていない人も、フェースパウダーが一つあるだけでも便利です。

 

ただし、お肌のコンディションを確認しながら使った方が良いです。

 

保湿成分に含まれたしっとりしたタイプのパウダーもあるため、お肌の調子に合わせて商品選びをすると良いでしょう。
パウダーの色みもたくさんあるため、できれば実際に店頭に入ってから、自分のお肌が一番奇麗に見えるものを選ぶといいでしょう。
どうしてもお店まで行けないという場合には、口コミをみて確認してみるといいです。

 

美容室 青山 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ 人気 口コミ メンズ


ホーム RSS購読 サイトマップ