美容師本来の仕事

美容師本来の仕事

美容師本来の仕事

お客さんに一番似合うスタイルを提案する事が出来る美容師の事を「似合わせの上手い美容師」と言う事で評価している傾向がありますが、そもそも美容師の仕事の中には、お客さんに似合うスタイルを提案する、という事が含まれているとも考えられますよね。ですからどうして今更似合わせという言葉が取り上げられているのか?という疑問もわいてきます。もしも特に「似合わせ」を意識して注文しなかったならば似合わないスタイルに仕上がることもあるのか?という事になってきますよね。ですが、おそらく昔から美容師はどのような人にどのようなスタイルが似合うのか、という事も勉強しているはずなんですね。たとえばエラが張っている人ならそのコンプレックスを目立たなくするようなスタイルを選ぶのは当然のことでしょうし、できるだけお客さんのコンプレックスを少なくするのも美容師の役目でもあります。わざわざ「似合わせ」と言う事が強調されるようになってきたのは、もしかしたら美容室側がメニューの種類として作り出した言葉なのかもしれませんね。この美容師にお願いしたら必ずと言ってよいほど似合うスタイルにしてもらえる、というメニューを提供する事で、お客さんの興味を引く、という目的があったのではないでしょうか。似合わせ、という事を特別に強調しないでお願いしたならば、どのような結果になるのでしょうか。ちょっと心配になりますよね。ですが良く考えてみたらそもそも「似合わせ」というメニューはこれまであまり存在しなかったのですが、それでも「あの美容師にカットしてもらったらとても似合うと評判が良いのだ」というような経験をした人は多くいますよね。かつてから似合わせという仕上げ方をする美容師は存在したはずです。それなら今改めて「似合わせ」と言う事がまるでメニューの一つであるかのように言われている中で、あえて似合わせをお願いしなかった場合はどうなるのでしょうか?もしかしたら似合わせではないから「あなたが希望する通りにしますが、それがあなたに似合うスタイルかどうかは保障しませんよ」と言う事になるのでしょうか。そうかんがえるとわざわざ「似合わせ」という事を強調する事で、「そうではないオーダーの場合、似合わなくても文句は言わないでください」という事になるのでしょうか。もちろん美容室側にそんな意地悪な考えはないと思いますが、裏を返せばわざわざ「似合うスタイルを作ってもらう」と言う事を強調されると、その逆は「似合わなくても文句を言わない」と言う事につながってきますよね。三軒茶屋の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ