カードが使えると思った

カードが使えると思った

カードが使えると思った

美容室の会計でお金が足りない原因として「うっかりお金が無かった」という理由の次に多いのが「カードが使えると思っていた」と言う事があるようです。実際に美容室で支払う金額、というのは高額な事が多いですね。カード払いができたら便利だ、と思っている人は多いでしょうし、それぐらいの金額を扱う美容室ならカードが使えるであろう、と信じきっている人は案外多いものでしょう。実際にかなり高額なメニューを扱っている美容室であれば、カード払いが出来るようにしてある美容室は存在します。ですがその反面カード払いを導入していない美容室も多いのです。それはカード払いを導入すると手数料を支払わなくてはいけないケースがあり、美容室にとってメリットが少ない事も多いのです。ですから意外とカード払いが出来ない美容室は多いんですね。どこでも美容室ではカード払いができる、と思っているお客さんは現金を持ち合わせていない事も有ります。そうすると会計をする時に初めてカードが付けない事が分かり、現金は持ち合わせていないので支払いが出来ない、という事態が起こってしまうわけです。そういう場合には実際にお金が無かったのとは違って、そこまで恥ずかしさを感じる事は無いかもしれませんが、困った状況になってしまう事には変わりありませんね。美容室で会計をしようとしたらお金が足りない事に気が付いた、という状況になってしまった原因として意外と多いのは「最初はそんなメニューにするつもりはなかった」「当初の要諦の金額分しか財布に入れていなかった」と言う事があると思います。つまりカウンセリングの段階で予約時にお願いしていたメニューとは違うメニューが紹介されて、気が付いたら予定よりもお金のかかるメニューになってしまっていた、というケースです。たとえばカットだけ、というつもりでいてもカウンセリングの時に美容師から「少しパーマをかけた方が良い」と言われたら「今日は持ち合わせが無いので」という理由でその提案を断る、というのがとても恥ずかしい事の様な気がして、「お金は足りるだろうか」と心配しながらもその提案を受け入れてしまう事ってありますよね。そうして案の定会計の時になって財布を開けたら当初の予定の金額しか持ち合わせが無く、そこで初めて「お金が足りません」と申し出る羽目になります。自業自得と言えばそうですが、もしそういう時に美容師の方から「予定よりもこれだけ料金がアップしますがよろしいですか?」と言う確認があればいいですよね。美容室によっては利益優先で、不要なメニューを勧めてでも売り上げをあげようとしている所もあるようですからね。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ