誰を指名するか

誰を指名するか

誰を指名するか

美容室で美容師の指名をしても良い、というシステムの場合、みなさんは指名する美容師をどのようにして決めているのでしょうか。そもそもその美容室の美容師全員を一度づつ体験して、それから判断する、という事をしている人なんてめったにいないと思います。ですからその美容室でどの美容師が自分にとって一番良いか、という事を判断するのは本当はとても難しいと思うんですね。それでも多くの人は美容師の氏名をしていると思うのですが、どうやってその美容師が良い、と判断しているのでしょうか。良く聞くのが「最初に担当してもらったのが今の美容師で、問題が無かったから」という理由があります。その美容室に取りあえず行ってみる。最初だからどの美容師が良いかなんてわからないから取りあえずは「誰でも良いです」と言ってみる。その時に担当してくれた美容師がその人柄も仕上がりも問題が無かったのでそれ以来その美容師にお願いしている、という感じでしょう。それは確かに最初から良い美容師に出会えてよかった、という頃になるのかもしれませんが、もしかしたらその美容室には他にも腕が良い美容師がいたかもしれません。たまたま最初に割り当てられた美容師に問題が無かった、というだけかもしれませんね。一度担当してもらった美容師がいて、もしその美容師の事を気に入らなかった時に、みなさんは次回の指名はどのようにしていますか?このことがおそらく指名に関するお客さんの悩みとして一番多いのではないでしょうか。日本人特有の優しさかもしれませんが「一度担当してもらったのに、次回にその美容師を指名しないのは、その美容師に対して申し訳ない」と思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。最初に担当してもらった美容師に二度と合わないのであれば気にする必要もないのですが、その美容室に通う限りはその美容師と行くたびに顔を合わせることになります。「最初に担当したのにそれ以来指名をしてくれない」と言う事にその美容師が気付いていたとしたら、なんとなく顔を合わせづらい、と思ってしまうお客さんは多いと思います。ですが考えてみらこちらはお客さんであり、料金をきちっと支払って指名と言うシステムを利用している訳です。自分によりよい結果をもたらすようにするのは当然です。ですからその美容師が指名してもらえないのはその美容師になんらかの問題があった訳で、それをお客さんが気にする必要はないはずなんですよね。堂々と他の美容師を指名するべきですし、もし指名しなかったからと言って美容師から冷たくされたり必要以上に悲しそうなそぶりをされるのは筋が違いますよね。鶴瀬 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ