ヘアオイルの効果は何か?

ヘアオイルの効果は何か?

ヘアオイルの効果は何か?

みなさんはスタイリングやヘアケアのために「ヘアオイル」を使っていますか?ヘアオイルに関しては周囲の意見を聞いてみると賛否両論の様な気がします。使っていない、使うのは嫌だ、という人の意見としてヘアオイルを使うと髪の毛がべたべたしてくるような気がして使わない、という事がいえるようです。また使っているけれどもいったい何の効果があるのかわからない、という人もいるようです。自分で効果を実感する事が出来なければ、使う意味もわからなくなってしまいますよね。実際にヘアオイルの効果、というのはなかなか目には見えない事が多いものです。手触りがとてもよくなった、ツヤツヤになった、などすぐに目に見えるような効果というのは少ないのです。そうではなくて、ヘアオイルの効果というのはダメージの予防をする、という事が大きいかもしれません。べたべたするから使わない、という人はおそらく使い方が少し違っているかもしれません。その名のごとくヘアオイルは油ですから、使えばべたべたするのは当たり前と言えば当たり前です。ですが使う量や使いかたを間違えなければダメージケアのダメージを少なく見せるような効果も期待できるのです。ヘアオイルはどのように使えばよいのか、知っておくことがとても大切でしょう。ヘアオイルを使う事に抵抗のある人は、どうしてもヘアオイルのイメージが「ベタベタする」というイメージだからなのではないでしょうか。ヘアオイルは正しい量で正しい使いかたをすれば髪の毛の健康を保つことができるヘアケア剤です。確かにベタベタする、というイメージがあるかもしれませんが見方によっては髪の毛につやを与える効果があります。また油ですから髪の毛につけると髪の毛をコーティングしたり保湿をする効果もあるのです。保湿が行き届いている髪の毛はまとまりやすくなります。髪の毛が乾燥しているときには静電気が起きたり、いくらスタイリングをしても上手くまとまらない、という経験がある人は少なくないと思います。そういったトラブルもヘアオイルを使用することで解決することができます。髪の毛を肌と置き換えて考えてみると良く解ると思うのですが、おそらくみなさんは乾燥を防ぐために顔に化粧水や乳液と言った保湿をするための化粧品を使っていると思います。ヘアオイルは顔に塗る乳液と同じ働きをする、と考えればよいのです。油ですからつけても蒸発しません。パサついた髪の毛をしっとりさせてその状態をキープする事が出来るのがヘアオイルなのです。正しく使えばとても扱いやすい髪の毛に変身させることができます。上福岡の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ