似合わせをお願いできる美容師

似合わせをお願いできる美容師

似合わせをお願いできる美容師

これまでの通常メニューに対して付加価値を付けたのが「似合わせ」という言葉の様な気がするのですが、では実際に「似合わせでお願いします」と言った時には、どの美容師さんにお願いするかによって、その出来栄えも変わってくると思うんですね。当然のことながら経験の豊富な美容師さんならば、その人に似合うスタイルの判断もじょうずだと思うんですね。ですがまだあまり経験のない美容師さんであれば、教科書通りの判断しかできないと思うのです。ですからもしも似合わせ、という事でお願いしたいのであれば、まずはそれだけのテクニックやセンスを持った美容師さんを選択しなくては成功しないのではないでしょうか。もしもセンスが良い、と最初から思っている美容師さんに似合わせをお願いしたとしたら、たとえ少々その仕上がりに疑問があったとしても「ベテランの美容師の似合わせだから」と思えば、納得できるかもしれません。私達はどうやってもプロの経験豊富な美容師のセンスにはかないませんからね。自分で自分に似合うと思っているセンス自体が客観的に見たら間違っていることもあるかもしれません。自分では納得できなくても、もしかしたら周囲の人たちからは好評を得る事が出来るかもしれません。それならばその美容師の似合わせは正解だった、という事でしょう。「似合わせ」と言う事で美容室でオーダーしたとして、どんなにお願いした美容師さんがベテランでセンスが良かったとしても、仕上がったスタイルに自分が満足できるかどうか、という事は別問題ですよね。そこには好みという感覚が入ってくるからです。ですがせっかく「似合わせ」でお願いしたのに自分で納得できない、というのは残念です。それはもしかしたら自分と美容師さんとのセンスの差からくる違いなのかもしれません。どんなに美容師がプロだからと言って、すべてを美容師に委ねてしまってはその仕上がりに満足できない可能性が高くなるのではないでしょうか。プロの美容師にはかないませんが、私達も日頃から自分にはどんなヘアスタイルが似合うのか、という事を少し研究してみるのも良いかもしれません。自己満足で似合っていると思っていたスタイルが、実は客観的に見たらそんなに好評ではなかった、という事も良くある話です。特に有名人などと同じスタイルにした場合、それだけで満足してしまっている事も有ります。ですが実際にそのスタイルが似合う有名人と自分とでは顔立ちも頭の形も違っている事がほとんどです。ですから全く同じように素敵に見えるとは限りません。美容師のセンスも借りながら自分自身で納得できる自分だけに似合うスタイルを探してみるのも楽しい事でしょう。与野本町にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ