自分はまだ若い

自分はまだ若い

自分はまだ若い

女性なら誰でも自分が年齢を重ねていくことに対する変化に敏感になっているものだとは思います。ヘアケアに関しても同様です。白髪や薄毛と言った状況が出てくるのは女性なら誰も嬉しいはずがありません。ですがその一方でその現実を受け入れたくない、という気持ちからか見ないふりをしてしまうようなケースも有ります。美容師の立場からするともっと早めにエイジングケアをするべきところを、自分にはまだ早い、と決めつけてかかっている女性も多いと言います。確かに「まだ私は若い」と誰もが思っていたいのが本音でしょう。エイジングケア何て自分にはまだ関係ないと思っていたい気持ちはわかりますが、実際にはプロの目から見たらもっと早くからケアしておけば、という現実があるようですね。特にまだ30代とか40代といった年齢の人たちは美容師が心配している程に自分の老化現象について気にしていない人が多く、まだまだ若いつもりでパーマやカラーリングを平気で繰り返している人が多いようです。ですが若い人であってもパーマやカラーリングというのは決して髪の毛に良い事ではありません。髪の毛だけではなく頭皮のトラブルもこのぐらいの年齢になると見逃すと薄毛や抜け毛を促進してしまうケースも有ります。女性が髪の毛の心配をする時に、まだ30代や40代の女性ならば、その心配ごとの内容はフケやかゆみ、乾燥などであると言われています。多くの女性たちが美容師に損談する内容もフケやかゆみと言った内容が多いようです。ですが実際にその女性の髪の毛に対応した美容師たちによれば、心配するところはそれだけではない、といったケースが多いようです。本当に美容師たちが気にしてほしいところと、実際に女性たちが気にしている悩みというものに多少ズレがある様なんですね。当然のことながら女性たちの悩みというのは自覚があるから悩みにつながります。ですが美容師たちが女性たちの髪の毛や頭皮を見て気付く事は、女性たちにとっては自覚症状が無い事が多いようです。たとえば髪の毛が細くなってきている、頭皮が固い、といった症状です。これらの症状はそのままにしておくと、薄毛や抜け毛、白髪が加速する要因となるにもかかわらず、そうなるまでほとんど自覚できないようです。多くの女性たちは今自分で感じる事の出来る髪の悩みだけを美容師に相談するようですから、時には美容師に「何か気を付けた方が良い事がありますか?」と逆に質問してみるのも良いかもしれませんね。加齢による症状と言うのは、美容師もむやみにお客さんにぶつけるのは悪い、と思っている事もあるかもしれませんしね。千歳烏山 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ