女性美容師の転機

女性美容師の転機

女性美容師の転機

美容師の男女差、というのは圧倒的に女性が多い事で知られています。そして女性と言うのはどの業界であっても結婚とか出産と言った仕事に対して大きな影響を与える人生の岐路を迎えるものです。女性美容師も例外ではありません。むしろ「生涯仕事を続けるから結婚も出産もしない」という女性は他の業界にはいたとしても、美容師には少ないような気もします。そういう転機を迎えた女性美容師たちの多くは、一度は休職にしても離職にしても、一度は美容室と言う現場から離れます。そのタイミングで美容室とどの様な契約をしていたか、戸いう事にもよりますが、その後職場復帰を考える女性も多いものです。男性にとっても女性にとっても、美容師として一人前に働くことができるようになるまでには、かなりの努力が必要だったはずです。美容師免許を取得するための勉強は勿論、アシスタント時代に辛い修行に耐えた経験を持つ美容師は多いはずです。そこまで頑張って一人前になったにもかかわらず、出産までの数年間でやめてしまう、という事がとても「勿体ない」と感じる美容師は多いものです。反対に「もう二度と美容師に戻りたくない」と思ってしまう美容師もいるかもしれませんが、せっかく身に着けたテクニックや免許を数年で不要なものにしてしまうのは、やはりもったいない話ですよね。多くの女性美容師たちは、産休や育休を経て、また現場に戻りたい、と考える人が多いようです。また美容室の事情によっては産休や育休の制度が無く、一度は退職してしまった形になっている美容師でも、復職を考える人は多いものです。おそらくそう言う時に女性美容師たちは「今からでも大丈夫だろうか?」という不安に駆られるものだと思います。どんな業界でも、ブランクがある、というのは不安を招きます。その時の不安の度合いと言うのはおそらく「最後にどのようなレベルの仕事をしていたか」と言う事によるのではないでしょうか。人によってはまだアシスタントを終えたばかりの新人美容師であった、という人もいるかもしれませんし、もうすでに店長候補になるぐらいの美容師であった、という人もいるかもしれません。もしも店長クラスの仕事をしていた人ならば、おそらくかなり経験が豊富なのでしょうから、多少のブランクも問題なく復帰できるかもしれません。ですが若くして一度現場を離れてしまった人は、まだまだ経験を積む前に休んでしまった事になり実績を積む事が出来ていないケースがあります。そういう美容師の多くは復職に「自信が持てない」と悩む様ですね。人によってはまったくアシスタント時代に逆戻りしてしまうような人もいるかもしれません。ヘアサロン 門前仲町駅 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ