乾燥が薄毛を招く

乾燥が薄毛を招く

乾燥が薄毛を招く

髪の毛の洗いすぎで起こる現象として頭皮の乾燥、という事があります。そもそも髪や頭皮にとって乾燥した状態というのは良くない状況です。必要な皮脂まで洗い流してしまった事による乾燥は痒みを引き起こしたり炎症を引き起こしてしまったりします。つまり傷つきやすくなってしまっているんですね。そんな状態ですから毛穴や毛根も傷んでしまう事があり、健康的な髪の毛が生えなくなってくる可能性があります。薄毛の症状を感じる人の中には「不衛生にしているからだ」と思って熱心にシャンプーをする人もいるようですが、それは逆効果である可能性もあるんですね。皮脂を気にして洗う人も多いのですが適度な皮脂は必要だから分泌されている訳で、それをすべて洗い流してしまう事は頭皮によっては良くない事なんですね。薄毛を気にする人は熱心にシャンプーをする事よりも自分の頭皮に合った頻度でシャンプーをする方が良いと言えるでしょう。なかなか自分に合った頻度といわれても解らない人も多いでしょう。美容室で頭皮の状態を診てもらったりしてアドバイスをしてもらうとよいですね。既に毎日洗髪することが習慣となっている人にとっては髪の毛を洗わない事には抵抗があるかもしれませんけれどもね。髪の洗いすぎにはデメリットも伴う、と言われたら不思議に思いますよね。日本人にとっては髪の毛を洗う、という事は髪の毛を衛生的に保つことであって、衛生的に保つと言う事にデメリットがあるなど思いもよらない事でしょう。もちろん髪の毛を洗う事はけっして悪い事ではありません。ですが「洗いすぎる」事で色々な事が起こってくる様なんですね。私達が髪を洗うのは、髪を洗うと同時に頭皮も洗っていますよね。頭皮は肌と一緒でキレイにしていないと雑菌などがついて体に良くないイメージがありますね。頭皮にも同じイメージがあるので雑菌が付かない様に、なにか付いているなら洗い流しておかなくては、という感覚です。ところがこういった雑菌の中には必要な雑菌も有ります。たとえば頭皮や髪の毛について一番気になるのは匂いですよね。洗えば匂いはなくなる、と思っていますが実は雑菌の中にはこの匂いを発生させる菌を殺す働きをする雑菌も有ります。頭皮にバリアを貼って匂いの素となる雑菌の増殖を防ぐのです。ところが洗いすぎる事によって無防備になってしまった頭皮では匂いを発生させる雑菌だけが増殖してしまう事も有ります。つまり洗いすぎによって自分では「防いでいる」と思っているはずの匂いを増大させてしまう結果になってしまう危険性があるのです。二子玉川の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ