こんな風にイメチェンしたい、という計画性

こんな風にイメチェンしたい、という計画性

こんな風にイメチェンしたい、という計画性

本当はイメチェンしたい、と思う時ほど冷静にヘアスタイル選びをするべきだと思うんですね。イメチェンする、という事は少なからずかなりこれまでとは違ったヘアスタイルにする、という事になります。ですからそこにはこれまでにないほどの「失敗」があり得る、という事なんですね。もちろんそれは美容師が何かやらかしてしまう可能性の事ではなく、お客さんがそのヘアスタイルを気に入るかどうか、という意味での失敗です。ですからイメチェンを目的とする時のカウンセリングは時間をかけて行うべきですし、自分の気持ちの勢いだけではなく、美容師の意見にもきちんと耳を傾けた方が良いですね。そしてまずはイメチェンの度合いについてきちんと確認し、美容師に自分と同じ思いを持ってもらうべきでしょう。イメチェンと言っても、これまでのファッションにはまるで似合わないようなヘアスタイルにまで変化させるのか、とりあえずファッションの系統としては同じもので収まる程度のイメチェンにするのか、といった事をきちんと考えておくことが大切でしょう。美容師もプロですからどこまでどんな感じのイメチェンをしたいのか、たとえばナチュラル系のお客さんがハードっぽくしたいのだ、と言ってきたならばその範囲で提案をする事ができます。イメチェン目的で美容室へ行ってオーダーする時に、勢いに任せて「とにかく今までとは違うイメージになるように!」と言う人も多いかもしれませんが、それは少し危険かもしれません。イメチェンを希望する、という時には精神的になにかダメージがあった事をリセットするためにイメチェンしたり、とても嬉しい事があって、テンションが上がっているからそう考えたくなる場合、など、とにかく日頃の精神状態とは少し違う状況になっているけーすが多いんですよね。ですから勢い余って「美容師さんにお任せ!どんなになるか楽しみ!」という感じになっているのだと思いますが、よくよく考えてみると、必ず人には「これだけはやってほしくない」というスタイルがあると思うんですよね。たとえば女性ならば「ショートは好きだけれども刈り上げはちょっと」と思っている人も多いと思います。パーマをかかえるのは良いけれどチリチリな感じは嫌だ、と思っている人もいるでしょう。ですがイメチェンをしたい!という勢いの中では、そういう事も頭から飛んでしまっている人が多いものです。どんなに勢い余って美容室へ飛び込んだとしても、自分が「これだけはしてほしくない」と言う事はきちんと伝えておきましょう。そのうえで美容師さんのセンスに任せるのであれば大丈夫だと思われます。栄の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ