くすんだ肌は+10歳に見せてしまう!その原因3つ

くすんだ肌は+10歳に見せてしまう!その原因3つ

くすんだ肌は+10歳に見せてしまう!その原因3つ

意外と男性からチェックされているお肌。
もともと顔立ちが美人な女性もいいですが、それほど美人じゃなくとも、お肌が陶器のように滑らかで透明感があれば、それだけでも美人に見られます。

 

男性は明るいトーンお肌が大好き。
全体的にも明るい印象に見えますし、つい触りたくなってしまうお肌に男性は恋します。しかしもしもお肌がくすんでいたら…。
暗い印象を与えてしまうだけでなく、老けた印象にも見えてしまい、実年齢よりも+10歳に見られてしまうことも…!

 

好きな人がいるなら、まずはお肌を綺麗にするところから始めてみませんか!
ここでは、そもそもどうしてくすみができてしまうのか、その原因についてお伝えしていきます。

 

○黄色っぽくなるくすみは糖化やカルボニル化が原因

 

もしもくすみが黒っぽいというより黄色みがかっているのであれば、それはカルボニル化か、糖化によるくすみです。

 

・糖化

 

ご飯や麺類を過剰摂取してしまうことや、ストレスや喫煙、老化が原因で起こってしまいます。
糖質とたんぱく質が結びつくことによって、黄色っぽくくすんでしまうのです。

 

・カルボニル化
紫外線や喫煙、過度なストレス、加齢が原因で、肌が黄色く見えてしまいます。

 

○乾燥によってくすんで見えている

 

お肌が乾燥してしまうと、くすみやすくなってしまいます。
お肌の水分が不足してしまうと、ツヤが出なくなってしまい、結果、肌がくすんだように見えてしまいます。

 

○血行不良

 

血行不良は、冷え性やストレス、睡眠不足などからも発生します。
体内の血液の巡りが悪くなってしまうことにより、お肌の血色感が奪われ、顔全体が暗く見えてしまうのです。

 

 

くすんだ肌は、老けた印象や暗い印象を与えてしまいます。
美人に見られたいならやはり美白肌を目指すべきです。
思わず触れたくなるような白くて綺麗なツヤ肌を目指していくためにも、今からできることはたくさんあります。
ここでは、その中でも3つの対策法についてご紹介していきます。

 

高級な化粧品を使う前に、次でご紹介することを、ぜひ日々の生活で取り入れてみてください。

 

○湯船に使って血行促進

 

入浴はシャワーだけで済ませるという女性も多いでしょうが、ゆっくり入浴することが大切です。
体の芯から温まる事によって、全身の血の巡りが良くなり、肌代謝も良くなるでしょう。
38度〜40度くらいの湯温度で、20分ほど半身浴するだけでも十分です。

 

○適度な運動をする

 

運動が苦手な人は、歩くだけでも効果的です。
30分以上を目安に、週に1〜2回でもウォーキングする習慣をつければ、それだけでもくすみ対策になります。

 

運動して汗をかくことによって、血行が促進されるからです。
基礎代謝も高まり、老廃物がたまってお肌がくすんでしまうということも避けられるでしょう。

 

○保湿ケアしてお肌を乾燥させない

 

乾燥しているお肌は、くすんで見えてしまいがち。

 

それは、ツヤがなくなっているからです。
乾燥しやすい人は、スキンケアで保湿をしっかりと行いましょう。

 

保湿成分が豊富な化粧水や美容液、乳液を使って、お肌に水分と油分をしっかり
与えてあげます。
気になる部分は重ねづけしてもOKです。

 

行徳 美容室 就職 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ