面接に対する心構え

面接に対する心構え

面接に対する心構え

書類の提出がきちんと出来たならば第一関門がクリアされた、という事になると思います。まず書類選考を課すところでは、その段階でふるい落とされる可能性もあります。そしておそらく次の段階が筆記試験や面接になると思うのですが、そこで問われるのはmずは「時間を守ることができるか」という事でしょう。遅刻は絶対にダメだ、と思っておいた方が良いです。もちろん無断で欠席するとか連絡もしないで遅れる、というのは論外です。だからといって余りに早く到着するのも良い感じではありません。特に美容院でのパートの求人は業務委託と町田の様なお客さんが来る店舗では、スタッフの邪魔になる可能性があるからです。適度な到着時間は10分から20分ぐらい前のところでしょうか。早く着き過ぎた、と思ったら、近くで時間をつぶし、10分前ぐらいに受付に声をかけるとよいでしょう。常に相手の状況を判断して迷惑にならない振舞いが出来るかどうか、がここですでに問われている事になります。そしてここから既に面接が始まっている、と思っておいた方が良いでしょう。面接会場に着いたその時点から、どのスタッフに見られているとも限りません。待っている間にスマホでゲームをしていたのを見られた、というのも感じが良いものではありませんよね。美容師の就職に限った事ではありませんが、多くの場所で履歴書の提出を求められます。その時に記入する履歴書はとにかく丁寧に書く事を求められます。履歴書といえば自分の事を記入して提出するものですが、その内容を事細かに良し悪しを判断する材料にしている所はそんなに多くは有りません。見られているのはその履歴書を記入する姿勢である、と考えた方が良いと思います。たとえが記入している字の丁寧さ、です。字の上手い下手、というのもありますが、そうではなくて、心こめて丁寧に書こうとしたか、という所が問われるのです。誤字脱字は論外ですし、容姿の汚れや傷みがそのままになっているのもダメです。美容室で字の丁寧さなんて関係ないだろう!と思うかもしれませんが、たとえばお客さん宛のDMを送る場合、手書きのメッセージを添える事も良くあります。そんな時にいかに心を込めてメッセージを書くことができるか、という事は大切な事なんですね。つまり相手に読んでもらう、見てもらうために、いかに真摯に取り組む事が出来ているか、という姿勢が問われると考えるべきでしょう。あきらかにあわてて記入した、一度書いて見直しもしなかった、という事がばれてしまう様では、その時点で採用試験からは脱落する、と考えた方が良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ