お任せとの違い

お任せとの違い

お任せとの違い

私達はよく「美容師に任せる」というオーダーの仕方をしますよね。その時に美容師は「お客さんに似合うスタイルにしよう」と言う事をどの程度考えているのでしょうか。もしも「お任せ」と言った時に一番に「このお客さんに似合うスタイルに仕上げよう」と言う事を一番に考えてくれているのであれば、それこそが「似合わせ」という事になりますよね。そうなるとお任せと似合わせとではどのように違ってくるのでしょうか。もしもお客さんにスタイルを任された時には、美容師はどのような事に重点を置くのでしょうか。もちろん個々の美容師にもよると思います。其の美容師の経験値でも左右されるかもしれません。まだ経験の浅い美容師ならば、そんなに冒険をするようなスタイルは避けると思われます。ですがかなりベテランだったり、テクニックに自信のある美容師ならばちょっとしたテクニックを使ってこれまでのお客さんのイメージとは違うスタイルを作って見たりするかもしれませんよね。もちろんお客さんに似合うかに合わないか、という事も考えているに違いありませんが、その上でお客さんのイメチェンにつながるようなスタイルを提供する美容師もいるかもしれません。ですからお任せした場合には、必ずしも自分に一番似合っているスタイルに仕上げてくれる、とは限らないケースもあるのかもしれませんね。美容師の技術と言うのは、たとえばカットが上手い美容師と言うのは一本残らずキレイに揃えて切ることができるとか、自然に量を減らす技術に長けているとか、といった具合に、其の美容師が練習や経験を重ねれば身に着くテクニックだと言えるかもしれません。ですがお客さんに似合うスタイルを作る技術、というのはなかなか難しいものがあると思います。もちろん基本的にどのような頭の形の人ならどのようなスタイルが似合う、とか、こういう顔立ちの人ならこのようなスタイルが似合う、という基本的な事は美容師ならだれでも学んでいると思いますし、経験と共にどのスタイルが似合うか、という判断力も付いて来ることだと思います。問題はその結果をお客さんが気に入ってくれるかどうか、という問題です。お客さんによってはどんなに美容師が満足の行くスタイルに仕上げたとしても、それが自分には似合っていない、と判断するお客さんもいるかもしれません。似合う・似合わない、という問題は、そのスタイルが好きかどうか、というとても主観的な問題も含まれます。そうなってくるとどんなに美容師がこれまでの経験や磨いてきたセンスを発揮したとしても、良い結果をもたらさないかもしれません。そういう面で似合う事を保証する「似合わせ」というメニューは美容師にとってはかなりのプレッシャーとなるに違いありません。川越 美容院 おすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ