オーダー通りなのか、似合っているのか

オーダー通りなのか、似合っているのか

オーダー通りなのか、似合っているのか

おそらく美容師の皆さんは、お客さんから「このスタイルにしたい」と画像を見せられたり「芸能人の○○さんのスタイルにしてほしい」と言われた時には、かなりの割合で「このお客さんにこのスタイルが似合うか」と言う事を考えると思います。当然そのお客さんは芸能人の○○さんではありませんし、持ち込んだ画像のモデルさんと同じ顔ではありません。このスタイルをこのお客さんに当てはめた時に、そのお客さんが満足してくれるほどに似合うかどうか、という事が美容師の脳裏に廻ると思いますし、もしもそこで「似合わない」と感じた場合には、お客さんの満足のいく仕上がりにするために、なんらかの修正を提案したい、と思う事でしょう。ですがそうする事は美容師にとっては二通りの結果をもたらす事になります。一つは修正した結果、当初お客さんが望んだスタイルとは多少違うけれども似合っているのでお客さんは満足する、というケースと、自分がオーダーしたスタイルとは違うじゃないか、と不満を持たれてしまうケースです。長年担当しているお客さんならそのお客さんが性格的にどちらのタイプか、という事は解ると思いますが、新規のお客さんならその結果によってはその美容室や美容師に対する評価が大きく変わってくる問題となる可能性があります。とことん説明してお客さんにベストな修正を提案したつもりでも拒否される事も有り、最悪な場合には良かれと思って修正しても満足してもらえない、またはその逆で似合わないのが分かっていて画像どうりにしても、結果的に似合っていないから満足してもらえない、という事態が起きるかもしれませんおそらく「似合わせ」というのは、そのお客さんに一番似合うスタイルを作る、という意味合いで使われていると思います。つまり「芸能人の〇〇さんと同じスタイル」とか「この画像のモデルさんのヘアスタイル」という人がやっているスタイルを基準にして考えたスタイルではなくて、「そもそもそのお客さんの為に考えた、そのお客さんに一番似合うスタイル」という事ではないでしょうか。簡単に言うと最初から参考にする画像を描かない、ということかもしれません。そしてその言葉を美容師が使うようになったのは、最初から「似合うスタイルに仕上げますよ」と言う事を前提としてオーダーを受ける、という事に重きを置いてきたからではないでしょうか。もちろん大体のイメージはお客さんの要望に沿う事ができます。ショートで、とか長さは変えないでなどです。ですが細部にわたってのスタイルは美容師がそのお客さんの髪質、クセ、骨格などに合わせて一番似合う物を考えてくれるのが似合わせの定義だと思えばよいのではないでしょうか。もっと突き詰めればその人がどんな仕事をしている人なのか、どんなライフスタイルの人なのか、という事も踏まえて提案してくれる美容師もいるかもしれません。いずれにしても「似合う」と言う事を大前提として作るスタイルの事なんだと思われます。吉祥寺 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ