シャワーの温度を下げる

シャワーの温度を下げる

シャワーの温度を下げる

みなさんは髪の毛を洗う時にはお湯の温度を何度ぐらいに設定していますか?あまり意識していない人が多いと思うのですが、お湯の温度が40度以上になっていると、お湯であらっただけでも頭皮の皮脂が洗い流されてしまう様です。ですから出来れば38度ぐらいの温度の方が必要な皮脂まで洗い流す事を防ぐことができるようですね。髪の毛を毎日洗う事にどうしてもこだわっている人にとっては皮脂が必要以上に洗い流されてしまうのは気になりますね。皮脂が必要以上に落とされてしまうと逆に頭皮トラブルを引き起こす原因になると言われていますから気を付けたいところです。多くの人の浴室はお湯の温度を浴室内で設定できるようになっていると思われます。浴槽につかるときにはもう少し熱めのお湯が良いな、という人もいるかもしれませんが、シャワーで髪を洗う時には少し設定温度を下げる事を意識するとよいですね。これまでそういう習慣のなかった人にとっては少し面倒かもしれませんが、習慣にしてしまうと良いでしょう。38度と言えばどちらかというとぬるま湯ですから、冬場の寒い時期にはこの温度のシャワーだけでは寒く感じるかもしれません。シャンプーの後はゆっくり湯船につかることをおすすめしますね。どんなに「毎日髪を洗う必要はない」と言われても、すでに毎日洗う事が習慣化してしまっている人にとっては「今更そんな不衛生な事は出来ない」という感じで抵抗がある人も多いと思います。そんな方々は毎日洗う事を辞める事は逆にストレスかもしれませんから、毎日洗うにしても洗い方を変えてみるとよいと思います。洗い過ぎが良くない、といわれるのはシャンプーによって皮脂を洗い落とし過ぎてしまっている事が原因です。ですから単純にシャンプーを使い過ぎなければよい、という事になります。あまり意識していないと思いますが、実はシャンプー剤を付けなくても、お湯だけでも十分に髪の毛に付着した汚れは落とす事ができるのです。ですがお湯だけでは頭皮の皮脂までは落とす事が難しいと言われています。だからシャンプー剤を使っているんですね。ですから毎日髪を洗い流すことにこだわる人は、そのうちの何度かはお湯だけで髪を洗いシャンプー剤を使わなくても十分だ、という事が言えるのです。良く言われている「湯シャン」と言う方法です。この方法を何度かに一度取り入れることにより適度な皮脂を残す状態をキープする事ができるのです。おそらくそんなに匂いが気になるような事にはならないはずです。府中にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ