正しい髪の洗い方を知る

正しい髪の洗い方を知る

正しい髪の洗い方を知る

髪の毛を洗う頻度と言うのも、ヘアケアにとっては大切な事なのですが、シャンプーをする時にただいいシャンプーの仕方を心がける事もとても大切です。髪の毛や頭皮の健康を考えた時に、髪の毛のトータル的なケアとしてシャンプーの頻度も大切ですがシャンプーと言う行為そのものを見直す事も必要です。最悪なのはどんなに回数を気にしたところで、シャンプーをするたびに間違った事をしていては意味がありません。頭皮にとって大切なのはシャンプーの回数や仕方によって必要以上の皮脂が取り除かれない様にすることなんですね。それと同時にシャンプーについては、シャンプー剤などのヘアケア剤が頭皮に残らない事もとても大切です。髪を濡らす前にきちんとブラッシングをして髪の毛の絡まりをほどいておく、まずはお湯できちんと髪の毛の汚れを落とす、シャンプー剤は必要以上に付けない様に、しっかりと頭皮を洗ったら洗った時間と同じぐらいの時間をかけてしっかりと洗い流す、これらの事をきちんと心がけるようにすることで、髪の毛の健康を守ることができます。それと合わせて自分に合った洗髪の頻度を考える事も大切です。シャンプー剤は人工的に作られた薬剤です。使いすぎる事、頭皮に残す事は髪の毛にはあまり良くない事なんですね。日本人の多くの人は髪の毛を毎日洗わないと気が済まない、と感じているかもしれません。その理由の多くは自分でべた付きが気になる、という事よりも洗っていない事を人に気付かれるのが嫌だ、という事もあるようですね。どうして洗っていない事を気付かれるのがそんなに嫌なのか、と考えた時に、おそらく日本人の間では髪の毛を毎日洗うのが当たり前で洗わないのは不潔だ、という認識が一般的だからだと思われます。洗っていない=不潔、というイメージがあるんですよね。ですから髪の毛を毎日洗わなくては、と考えてしまう人が多いのでしょう。特に明日は誰かに会う、という予定のある人はかなり気にするでしょう。ですが一般的に一日髪を洗わなかったからと言ってそこまで人が不潔に感じるほどの状況にはならないと思われます。髪を洗わなかった翌日に自分の髪の状態がどうなっているか、という現実よりも、「洗っていない」という事実の方に神経が言っているように思われますね。一日ぐらい洗わなくても大丈夫、人に気付かれるほどの事にはならない、という認識が一般的になれば少しは気が楽になるかもしれませんね。もっとも人によって髪質も皮脂量も違っていますから、一概に大丈夫、と言える事でもないのですけれどもね。溝の口にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ