担当美容師の独立

担当美容師の独立

担当美容師の独立

自分を担当してくれる美容師に関して悩みが発生するケースの一つに担当美容師が独立して店を持つことになる、といった事があるでしょう。おそらく独立する美容師はその先でも自分のお客さんを確保するために事前に自分が独立する事や、独立したらその店に来てほしい、というアプローチをしてくると思います。ですがそれは各々の美容室によっては規約の様なもので制限されているケースも有ります。顧客のリストなどの持ち出しを禁止している所も有ります。当然その美容室にとっては一人の美容師の顧客を全て持ち出されてしまうのは、経営としては大変痛い事になります。ですから規約の様なもので、独立する、あるいは別の店に変わるときのルールが定められている事も多いと思われます。ですが独立する美容師にとっては、一人でもお客さんを確保しないといけない状況にある訳ですから、個人的にでも連絡してきて、付いてきてくれるように求める事が多いと思います。その時に即答で「付いていきます」と言えるかどうか、というのはお客さんにとっては大問題ですよね。実際にとても通えないような遠方の美容室になってしまう事も有ります。そうなると諦めるしかない事もあるでしょう。通う事が出来るから、一度は新しい美容室へ行ってみたものの、その美容室の雰囲気がちょっと気に入らない、と思うような事態が発生する事もあるでしょう。同じ美容師に長く担当してもらっていると、その間に色々な事が起こると思います。嫌なところが見えてくる、という事も良くあることです。慣れてくるとお互いに図々しくなる部分も有りますからね。美容師にとっては一人でも自分の顧客を付ける事が大切ですから、常連さんを確保したら新しいお客さんの獲得の方へ力を注いでしまうのは良くあることです。また長く担当してもらっていると単純に飽きてくる、ということもありますよね。以前は話も面白かったけれど、最近は話題もワンパターンだし、他の美容師についているお客さんの方が楽しそうだな、などと感じてしまう事もあるでしょう。いつも同じ気持ちで同じ美容師に向き合う、という事が出来るのはなかなかないケースなのかもしれません。そんなに長く同じ美容師にお願いできるようになると、実際にはかなりのメリットがあると思います。常連であるという事でなにかと融通してもらえることもあるでしょうし、長く自分の髪の毛をみてもらっていると、人にはなかなか言えないような髪や頭皮の悩みについても相談する事が出来るような関係になると思います。いくら相手がプロだと解っていても、初めての美容師さんに対して髪や頭皮の悩み、というに年齢的な悩みを打ち明けるのは勇気のいる事ですからね。池袋西口すぐの美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ