とにかく違うイメージに、という要望

とにかく違うイメージに、という要望

とにかく違うイメージに、という要望

美容師の立場からして一番困るのは、イメチェンしたい、という願望はあるけれども「どういう風にイメチェンしたいのか」と言う事をまるで考えていないお客さんではないでしょうか。確かにイメチェンと言うのはそういうある種の勢いの様なもので行うものかもしれません。ですがあまりにも「変わりたい」というだけの想いで美容室に飛び込んで来られても、美容師の皆さんは困ってしまうかもしれません。おそらくそういう人に限って「イメチェンしたいのでお任せします」という感じなのではないでしょうか。もちろん美容師にとってこれまでとは違うイメージに仕上げる事はそんなに難しい事ではないでしょう。ですがそれとお客さんがその仕上がりに満足するかどうか、という事は別問題でしょう。おそらく勢いで美容室の予約を取って駈け込んで来たお客さんにとっては、美容室の椅子に座って美容師と話をして、初めて冷静になれるのだと思うのです。やっとゆっくりと考えてみる時間を持つことが出来たのです。ですから仕上がる頃にはかなり冷静になっていたり、逆にあまりにも勢いでオーダーしてしまったヘアスタイルに対して仕上がりに不安を感じ始める人もいるかもしれません。だからこそ美容師はそういう場合のヘアスタイル選びには慎重になると思われます。勢いが醒めてしまった時に果たしてお客さんはこのスタイルに満足するのか?という不安があることでしょう。どんな時でも同じなのですが、ヘアスタイルを変える時にどんなに腕の良い美容師にお願いしたとしても「絶対に良くなる」という保証はありません。美容師の腕が100%であったとしてもそれまでのカウンセリングで本当に自分の想いを伝えきれていたかどうか、という事にも左右されますし、それ以前に、本当に自分に似合うヘアスタイルを選択しているかどうか、という事も仕上がりの満足度を左右します。特に「イメチェンをしたい」という思いが強い時には、今のヘアスタイルがベストであるにもかかわらずヘアスタイルを変えたい、と渇望している人が多く、その裏の心理には「イメチェンして今よりももっときれいに、可愛く、なりたい!」という思いがあるんですね。ですが今のヘアスタイルが美容師の見立てではベストである、という場合には、それ以上に似合うヘアスタイルを見つけること自体が本当は難しいんですね。美容師もプロですからお客さんの要望が「イメチェン」であるならば、イメージをがらりと変えるヘアスタイルを提案するだけのセンスを持っている事でしょう。ですがそれが今よりも似合うかどうか、となるとむずかしいケースもあるかもしれません。ですがお客さんが望むのは、これまでと違ってこれまで以上、という事になるので、さらに難しくなるんですよね。綱島の美容院

 

http://www.sk-ii.jp/ja/


ホーム RSS購読 サイトマップ